青空食堂

料理ブログ始めました。

カルディのシーズニングで作る【アジア飯】3品

▼レシピ動画▼

www.youtube.com

ぷらすです。
今回は、カルディで購入したシーズニングを使って、アジア飯3品を作ってみました。
どれも美味しかったので、気になる方はカルディにGO!ですよ!

https://assets.st-note.com/img/1653394952690-XaJSuJpw20.jpg?width=800

フィリピンの酸っぱいスープ【ニシガン】

材料:

シーフードミックス         100g
ホウレン草             2把
トマト               1個
長芋                10㎝
ナス                1本
オクラ               6本
水                 800㏄
オリーブオイル           大さじ1
カルディ ニシガンスープの素     1袋

www.kaldi.co.jp

作り方:

1・シーフードミックスは3%の塩水で解凍し、ホウレン草は3~4㎝のざく切り、トマトはヘタをくり抜いて賽の目、長芋は皮を剥いて厚めのいちょう切り、ナスは縦に切ってから一口大、オクラはヘタと先っちょを切り取って、半分~3等分に切っておく。

2・フライパンにオリーブオイルを熱し、トマトとホウレン草以外の野菜を炒める。

3・2に解凍したシーフードミックスを投入して炒め合わせ、水と「ニシガンスープの素」を入れよく混ぜ、沸騰したらトマトとホウレン草を入れて、ひと煮立ちさせたら出来上がり。

 

https://assets.st-note.com/img/1653395450906-cVI5lc3wS3.jpg?width=800

台湾屋台風野菜炒め

材料:

豚こま切れ肉            100g
ニンジン              1/2本(小)
玉ねぎ               1個
青梗菜               1株
ニンニクの芽            1/2袋
ごま油               大さじ1
カルディ 台湾屋台風炒めの素     2袋

www.kaldi.co.jp

作り方:

1・玉ねぎは串切り、青梗菜は根を切り落とし、根側から包丁で切れ目を入れて指で裂き、茎と葉を切り分ける。ニンジンは斜めに薄切りにしてから細切り、ニンニクの芽は青梗菜に長さを合わせて切り、豚こま切れ肉は食べやすい一口大に切る。

2・フライパンでごま油を熱し豚肉を炒め、8分通り火が通ったらニンジンと玉ねぎを入れて炒め、玉ねぎがしんなり透明になってきたら青梗菜とニンニクの芽を投入。
軽く混ぜ合わせたら水50㏄を入れすぐに蓋をして、1分間蒸し焼きにする。

3・蓋を取ったら強火で水気を飛ばし、「台湾屋台風炒めの素」を入れて手早く炒め合わせたら出来上がり。

 

https://assets.st-note.com/img/1653396094104-4Qbpkok7xC.jpg?width=800

台湾名物【大根餅】

材料:

カルディ 大根餅の素         1袋
水                 150g
ポン酢               適量
ごま油               大さじ1
ラー油               適量
片栗粉(打ち粉)          適量

作り方:

1・ボウルに「大根餅の素」と水を入れてしっかり混ぜ合わせ、室温で15分休ませる

2・まな板に打ち粉をしてを置き、捏ねて伸ばして包丁で食べやすい大きさに切る。

3・フライパンにごま油を入れて弱火にかけ、の生地を並べて両面じっくり焼いたら出来上がり。

 

https://assets.st-note.com/img/1653396506926-76ZBbWkwYY.jpg?width=800

というわけで、カルディのシーズニングで作るアジア飯3品でした。
僕はカルディが大好きで、たまにイオンに行くとカルディで食べたことのないアジア料理のシーズニングを買って作るんですが、今回もアジアンシーズニングを購入したので早速作ってみましたよ。

ニシガンは、タマリンドを使うフィリピンの酸っぱいスープです。
お店でたまたま見つけて、今回初めて作ってみたんですが、これが思いのほか酸っぱい!
ただ、何故かクセになる爽やかな味なので、暑い夏に食べるといいかもしれませんね。

台湾屋台風炒めの素は台湾の屋台で食べられる甘辛スパイシーな味のシーズニング。
日本人には馴染みのある甘辛味ですが、そこに八角や山椒の香りが入ると一気に台湾風な味になりますよ。
ビールのつまみにも、ご飯のおかずにも美味しいと思いますよ。

大根餅は、これまで何度かチャレンジしたんですが中々上手く行かず。そんな時このシーズニングを見つけたので試しに購入してみました。
最初、あまりにシャバシャバだったので「水を入れ過ぎた!?」と焦ったんですが、混ぜてるうちにじわじわまとまってきて、ほっと一安心しましたw

アジア飯の材料や調味料をイチから揃えるとなると大変ですが、今回のシーズニングはどれも200円しないし、お手軽に異国気分を味わえるので楽しいですよね。

というわけで今回は、カルディのシーズニングでアジア飯作ってみた。でした。

ではではー(´∀`)ノシ

▼マイ・YouTubeチャンネル▼

www.youtube.com

レシピ動画は毎週水・金曜日更新予定。
もし気に入って頂けたら、チャンネル登録・動画への高評価もよろしくお願いします。

トマトソースでコトコトと、イタリア風ピーマンの肉詰め

▼レシピ動画▼

www.youtube.com

ぷらすです。
今回は、お弁当のおかずやお惣菜の定番メニュー、「ピーマンの肉詰め」をトマトソースでコトコト煮て、イタリア風?にしてみました。

いつもの甘辛照り焼き味も美味しいですが、ニンニクの効いたトマトソースとピーマンの肉詰めの相性も抜群ですよ!

https://assets.st-note.com/img/1653206950885-X1NSW6eUDT.jpg?width=800

材料:

ピーマン        5個

・肉ダネ

豚ひき肉        200g
卵           1個
牛乳          大さじ1
パン粉         大さじ4
ナツメグ        適量
塩コショウ       適量

 

玉ねぎ         1/2個
トマト缶        1/2缶(200g)
白ワイン        50㏄
スライスニンニク    2片分
薄力粉         大さじ1
オリーブオイル     大さじ3
食塩          小さじ1/2

作り方:

1・ピーマンはヘタを取らずに縦半分に切り、種とワタを取り除き、ビニール袋に薄力粉と入れてシェイクして、粉を纏わせておく。

2・ボウルに肉ダネの材料を入れて粘りが出るまで混ぜ合わせ、ラップをして冷蔵庫で10分休ませる。

3・玉ねぎは5㎜角の粗みじんに切る。
小鍋にオリーブオイルを入れてスライスニンニクを弱火でじっくり炒めたら玉ねぎを入れ、しんなり透明になったらトマト缶を投入。トマト缶の水分がなくなるまで炒める。

4・3に白ワインを入れアルコールを飛ばしたら、食塩と水200㏄を入れひと煮立ちさせて火を止めておく。

5・1のピーマンにの肉ダネを詰めたら、肉ダネを下にしてオリーブオイルを敷いたフライパンに並べて中火で焼き目をつける。

6・54のトマトソースを入れ蓋をして、弱火でコトコト10分蒸し煮にしたら出来上がり。
粉チーズを振ってどうぞ!

 

https://assets.st-note.com/img/1653207635388-BhRIJdZQq8.jpg?width=800

粗みじんにした玉ねぎの食感も残って美味しいです

僕は子供のころピーマンが大の苦手で、なのでピーマンの肉詰めは今まで殆ど食べたことがなかったんですが、大人になってピーマンの苦みが大好きになったので、今回、ピーマンの肉詰めを作ってみました。

砂糖と醤油で甘辛に仕上げる照り焼き味も美味しいですが、今回はニンニクを利かせたトマトソースで煮込んで、ちょっぴり大人味にしました。
トマトソースは、最初シャバシャバなので不安になるかもですが、煮込んでるうちに小麦粉が溶け出して、ソースにトロミがつくので大丈夫ですよ。

ご飯やパンと合わせてもいいですし、ワインなどのおつまみにしてもいいんじゃないでしょうか。

という訳で今回は、ピーマンの肉詰めをイタリア風にしてみた。でした。

ではではー(´∀`)ノシ

▼マイ・YouTubeチャンネル▼

www.youtube.com

レシピ動画は毎週水・金曜日更新予定。
もし気に入って頂けたら、チャンネル登録・動画への高評価もよろしくお願いします。

レンジで簡単に時短!炊き込まずに作る「カオマンガイ」

▼レシピ動画▼

www.youtube.com

ぷらすです。
今回は、みんな大好きアジア飯で鶏肉の炊き込みご飯「カオマンガイ」を炊き込まずに、レンチンで作りました。
しっとり柔らかな蒸し鶏とエキスの染みたご飯は、炊き込んで作るのと遜色ない美味しさでしたよ!

https://assets.st-note.com/img/1652600383399-ySVKie43GU.jpg?width=800

 

材料(2人分):

鶏胸肉           1枚(350~380g)
食塩            3.5~3.8g(肉の重量の1%)
味の素           適量(4振りくらい)
日本酒           小さじ2
ごま油           小さじ1
青ネギ           適量
煎りゴマ          適量
ご飯            1合
スイートチリソース     適量

作り方:

1・鶏胸肉は余計な皮や脂を取り、火が入りやすい様フォークで満遍なく、両面を刺しておく。

2・1に食塩と味の素を擦り込み、耐熱皿に皮目を上にして入れ、ふんわりラップをしたら、500wのレンジで4分20秒チン。そのまま取り出さずに庫内で10分放置し、余熱で火を入れる。

3・皿から鶏肉を取り出し、蒸し汁に青ネギ、日本酒、ごま油を入れ、ラップはせずにレンジで1分30秒チン。
その間に、鶏肉をスライスしておく。

4・硬めに炊いたご飯をボウルに入れ、の蒸し汁を回しかけたら、酢飯の要領で切るように混ぜ、ご飯に蒸し汁を吸わせる。

5・お皿にチキンライスと蒸し鶏を盛りつけたら、(お好みで)軽くレンチンし、別容器に盛ったスイートチリソースを添えて、ライスに炒りゴマを振ったら出来上がり。

https://assets.st-note.com/img/1652601184166-mTkXnRHLPz.jpg?width=800

しっとり蒸し鶏蒸し鶏の旨味を吸ったチキンライスがgood!

というわけで、レンジで作るカオマンガイでした。
本来は鶏肉のスープでお米を炊き込む炊き込みご飯ですが、今回は蒸し鶏の旨味たっぷりなスープをご飯に混ぜ込んでみたら、思った以上に美味しく出来ました。

鶏肉はそれぞれ重量が違ったりするし、各ご家庭のレンジによって加熱具合も違ったりすると思うので、お試しになる方は各自、調整して頂くしかないんですが、今回は鶏胸肉380gに対し、500wのレンジで4分20秒チン。そのまま10分庫内に放置し、余熱で火を通す感じにしたら柔らかしっとりに出来ましたよ。

で、蒸し鶏から旨味エキスの入ったスープが出るので、それにお酒とごま油とネギで風味をつけて、ご飯に混ぜ込んでみました。
ベチャベチャになっちゃうかと思ったんですが、ご飯がスープを吸うので割と大丈夫でした。(ご飯は硬め推奨)
ごま油でコーティングされ、ご飯もパラパラになりましたよ。

正式な作り方よりも簡単で失敗もしにくいと思うし、かなり時短にもなるので、興味のあるい方は是非!

という訳で今回は、レンジでカオマンガイ作ってみた。でした。
ではではー(´∀`)ノシ

▼マイ・YouTubeチャンネル▼

www.youtube.com

レシピ動画は毎週水・金曜日更新予定。
もし気に入って頂けたら、チャンネル登録・動画への高評価もよろしくお願いします。

ニューヨーカーやロンドンっ子に大人気、中東の目玉焼き「シャクシュカ」

▼レシピ動画▼

www.youtube.com

ぷらすです。
先日、ネットを見ていたら「シャクシュカ」という耳慣れない料理があり、どうやらニューヨーカーやロンドンっ子の朝ごはんとして流行っているんだそうです。
で、その記事を読んでみると「シャクシュカ」とは、イスラエルの卵料理でスパイシーなトマトソースと目玉焼きを一緒に食べる料理らしく、写真を見るとメッチャ美味しそうだったので、早速、作ってみましたよ!

https://assets.st-note.com/img/1651848640233-iyixxgfW0Q.jpg?width=800

材料(2人分):

玉ねぎ         大1個
パプリカ        1個分
卵           3~4個
トマト缶        1/2缶(200g)

クミン         小さじ1.5
パプリカパウダー    小さじ1
チリパウダー      小さじ1/2
食塩          小さじ1/2
黒コショウ       適量

オリーブオイル     大さじ1
粉チーズ        適量

作り方:

1・玉ねぎとパプリカは5㎜角の粗みじんに切っておく。

2・フライパンにオリーブオイルとスライスニンニクを入れて火にかけ、油がシュワシュワしてきたら弱火でニンニクが軽く色づくまで炒める。

3・2のニンニクを一旦取り出し、そのまま玉ねぎを炒め、しんなりしてきたらパプリカも加えて炒める。

4・野菜が炒まったらスパイスと塩を加えて炒め合わせ、トマト缶を入れて中火で水分が2/3になるまで煮詰めていく。

5・トマトソースがに詰まったらスプーンかオタマで卵の個数分凹みを作り、卵を割入れたら蓋をして3~5分。
お好みの半熟具合になるまで蒸し焼きにして、先ほど取り出したニンニクを散らし、粉チーズと黒コショウを振って出来上がり、軽くトーストしたバケットや食パンと一緒にどうぞ!

https://assets.st-note.com/img/1651849179799-UtjMKDfbXM.jpg?width=800

スパイシーなトマトソースと半熟卵が激ウマ!

レシピ記事を読むと、この「シャクシュカ」は朝ごはんに食べられるんだそうで、幾つかレシピを見るとベーコンを入れたりパプリカじゃなくピーマンだったり、スパイスもクミンはデフォらしいけど、ほかにもナツメグオレガノを入れたりと、色んなバージョンがあるみたいです。

軽くトーストした食パンに目玉焼きをソースごと乗せてオープンサンドにして食べたり、ピタパンに入れたり、バゲットと一緒に食べても美味しいんじゃないでしょうか。

とはいえ、普通の朝ごはんにするにはちょっと手間が掛かるので、休みの日のブランチとか、ワインと一緒に夕飯に食べるのもいいんじゃないかって思いました。

スパイシーなトマトスースにトロトロの黄身が絡んで、メッチャ美味しいので、是非一度お試しください!

という訳で今回は、ニューヨーカーやロンドンっ子に大人気の中東風目玉焼き作ってみた。でした。

ではではー(´∀`)ノシ

▼マイ・YouTubeチャンネル▼

www.youtube.com

レシピ動画は毎週水・金曜日更新予定。
もし気に入って頂けたら、チャンネル登録・動画への高評価もよろしくお願いします。

外カリ中モチ 意外と簡単に作れる韓国のお好み焼き「豚ニラチヂミ」

▼レシピ動画▼

www.youtube.com

ぷらすです。
今回は、韓国定番の「豚ニラチヂミ」を作ってみました。
実は僕、チヂミを作るのは今回が初めてなので、ネットでレシピを調べて出来るだけ基本に忠実に作ってみましたよ。

https://assets.st-note.com/img/1651587073083-gtXmiqf2ul.jpg?width=800

材料(2枚分):

豚こま切れ肉        160g
ニラ            1束
玉ねぎ           1/2個
ニンジン          1/2本
薄力粉           50g
生卵            1個
片栗粉           大さじ1/2
食塩            小さじ1/2
ごま油           大さじ4

漬けダレ
砂糖            小さじ1/2
チューブにんにく      小さじ1
豆板醤           小さじ1/3(お好みで)
ポン酢           大さじ2
煎りゴマ          適量

作り方

1・玉ねぎは薄くスライス、ニンジンは細切り、ニラは玉ねぎとニンジンに長さを合わせてカット、豚こまは食べやすい一口大に切っておく。

2・豚こま以外の材料をボウルに入れ、薄力粉を入れてしっかり混ぜ合わせたら、食塩・片栗粉・卵も入れて更に混ぜ合わせ、天ぷらの衣よりも少しゆるい衣になるよう少しづつ水を加えながら混ぜ合わせる。

3・フライパンにごま油半分を入れ、そこにの生地の半分を入れて平らに均したらその上に半量の豚こまを並べてから、中弱火にかけてじっくり底面を焼き固めていく。

4・フライパンを揺すって生地が中で動くようになったら、少量のごま油を回し入れ、底面を揚げ焼き状態でカリカリに焼き上げる。

5・4をひっくり返し、反対面も同様に焼き固めたら、クッキングシートを敷いたまな板の上で9等分(井の字)に切り分け更に盛り付ける。
材料を混ぜ合わせたつけダレを添えて出来上がり。

https://assets.st-note.com/img/1651587878920-c9kvcS3EM4.jpg?width=800

外はカリカリ、中はモッチリ

よく、チジミは「韓国版お好み焼き」と紹介されていますが、今回作ってみて思ったのは、どちらかと言うと「かき揚げ」に近いということでした。
お好み焼きは基本、粉と出汁を合わせた”生地“が主役というイメージですが、チジミの生地はあくまで野菜がバラけないためのツナギという感じなんですよね。

なので、お好み焼きよりもずっと軽く食べられるし、ポン酢ベースのアッサリダレも相まって、ホント何枚でも食べられそうな感じでした。
あと、チヂミの特徴は何と言っても、多めの油で生地の外側をカリカリに揚げ焼きすること。
薄力粉の他に片栗粉も入っているので、基本チヂミの生地はモッチリしているんですが、外側をカリカリに焼くことで、外カリ中モチの2段階の歯ざわりになり、それがお酒にもよく合うんじゃないかと思いました。

という訳で今回は、韓国定番のチヂミを作ってみた。でした。
ではではー(´∀`)ノシ

▼マイ・YouTubeチャンネル▼

www.youtube.com

レシピ動画は毎週水・金曜日更新予定。
もし気に入って頂けたら、チャンネル登録・動画への高評価もよろしくお願いします。

甘酸っぱくてピリ辛い。中国の浅漬け「ラーパーツァイ」

▼レシピ動画▼

www.youtube.com

ぷらすです。
今回は、中国の甘酸っぱい浅漬け「ラーパーツァイ」をご紹介します。
ラーパーツァイは感じで書くと「辣白菜」で、読んで字の通り本来は白菜の料理ですが、今回は白菜ではなく、旬の春キャベツで作っていきますよ。

https://assets.st-note.com/img/1650955054164-geymLV2G7L.jpg?width=800

材料:

春キャベツ          1/4個
生姜             10~15g
花椒             適量(なくても大丈夫)
塩              小さじ1/2

漬けダレ

上白糖            大さじ1
お酢             50㏄
ごま油            大さじ1
輪切り唐辛子         適量

作り方:

1・キャベツはざく切り、芯の部分は薄切りに。生姜は皮付きのまま、薄くスライスしてから千切りにします。

2・1のキャベツと生姜は袋に入れ、塩を入れて揉んだら室温で20分ほど放置。

3・キャベツから出た水分をしっかり絞ったら花椒を振り、漬けダレの材料を鍋に入れてひと煮立ち。耐熱容器に入れたキャベツに回しかけてよく混ぜたら、冷蔵庫で味を落ち着かせて出来上がりです。

https://assets.st-note.com/img/1650955359954-8RbRMcRdOT.jpg?width=800

甘酸っぱさと辛み、ごま油のコクが合わさってとても深い味わいです。

というわけで、今回は中国の浅漬けラーパーツァイでした。
花椒はあれば入れた方が美味しいですけど、無ければ入れなくても大丈夫です。

単に白菜の甘酢漬けではなく、唐辛子や花椒の辛み、ごま油のコクもあって深い味わいです。
ポイントはとにかくキャベツの水分をしっかり絞ることで、水分の抜けたキャベツが、漬けダレをしっかり吸って美味しくなりますよ。
シャキシャキの歯ざわりも気持ちいいです。

という訳で今回は、ラーパーツァイ作ってみた。でした。

ではではー(´∀`)ノシ

▼マイ・YouTubeチャンネル▼

www.youtube.com

レシピ動画は毎週水・金曜日更新予定。
もし気に入って頂けたら、チャンネル登録・動画への高評価もよろしくお願いします。

ナスをアラビアータソースでトロトロに。「ナスビ・アラビアータ」レシピ

▼レシピ動画▼

www.youtube.com

ぷらすです。
今回は、オリーブオイルで焼いたナスをピリ辛のトマトソースで煮込んだ「ナスビ・アラビアータ」を作りました。
そのままバゲットと一緒にお酒のおつまみにしても良し、パスタソースにしても良しの万能メニューですよ。

https://assets.st-note.com/img/1650523421577-Ed65iLac38.jpg?width=800

材料:


ナス          2本
豚ひき肉        100g
玉ねぎ         1/2個
ピーマン        1個
セロリ         1/2本
スライスニンニク    2片分

トマト缶        1/2缶(200g)
白ワイン        100㏄
水           200㏄
食塩          2g
輪切り唐辛子      適量
オレガノナツメグ   適量

オリーブオイル     大さじ2~3
黒コショウ・粉チーズ  適量

作り方:

1・ナスはヘタを取って縦4等分に、ピーマン・セロリは細かく、玉ねぎは粗みじんに切ります。

2・フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、ナスを皮目を下に並べて、焼き目がついたらひっくり返しを3面分やって、一回取り出しておきます。

3・2の鍋にスライスニンニクを入れて弱火で香りが立つまで炒めたら、ひき肉を入れて油が透明になって、ジュージューがパチパチになったら、ナス以外の野菜を入れて、しんなりするまで炒め合わせる。

4・3にトマト缶を入れて水分が飛ぶまで炒めたら、白ワイン、輪切り唐辛子、水、食塩、オレガノナツメグを入れて、弱火で10分煮込む。

5・4に取り出しておいたナスを入れて、2~3分弱火で煮込んでソースを吸わせたら、器に移して出来上がり。
バゲットと一緒にお酒のおつまみでも、パスタに合わせても、お好きな食べ方でどうぞ!

https://assets.st-note.com/img/1650524019070-02M3PUiME8.jpg?width=800

                           ピリ辛トマトソースを吸い込んだトロトロのナスが絶品!

 

ひき肉と野菜がゴロゴロ入っているので、アラビアータというよりはボロネーゼっぽくなってしまいましたが、その分ボリュームもあって満足感がありますよ。

パンで食べても、パスタと合わせても、ご飯のおかずでも美味しいので、ぜひ一度お試しください。

ではではー(´∀`)ノシ

▼マイ・YouTubeチャンネル▼

www.youtube.com

レシピ動画は毎週水・金曜日更新予定。
もし気に入って頂けたら、チャンネル登録・動画への高評価もよろしくお願いします。